今一な天気ですよね。

ハッキリしない日和ですよね。晴れたら又土砂降り、けど貯水池はたまらないし
人もネコもカサカサ脱水注意報です。
九州は一大ほど降って、心配です。関東はもう水を大切に使わないといけないですね。私の家屋のネコは家屋猫なので脱水してもお水は飲めるけど、外に出るネコ氏は脱水しちゃうから、入口やおガーデンにお水置いてあげてください。飼い猫がお外に出て取り組み症で倒れるのはよくある発言らしいです。
夕暮れの散策もさすがにお日様が暮れたあたりが良いですよね。ニャンコワンコ共にアスファルトの熱さは忌まわしいから。時として見かけるのです、アメイジングやコンビニエンスストアにワン氏を1事あたりから2事頃に連れて歩いている第三者。私的には、どんなに地べたを歩く動物だけど軽いかな?って考えちゃうんです。暑いから日陰にワン氏居るのに散策は安全って見解は人間の勝手じゃないかと。
出来ればお散策は夕暮れにしてほしいです。ほぼ、飼い主様もワン氏も元気に散策出来ると思います。梅雨の土砂降りでもワン氏は散歩したがるのは大変ですが、直後少しで日和も落ち着きます。頑張りましょうね。胸ニキビは化粧水で治せます

夏季フェス間近の今日

外の雲行きは洗いざらい夏場の匂いがしてきました。
やがて夏場フェスがあちらこちらで開催されます。
今年はFuji Rockも20周年。
夏場フェスには色んな思い出があります。

第一回のFuji Rock、台風が来る中山の中のフェスを舐めてました。
寒さでグラグラ震えましたが無事に帰国出来たのは若かった論拠でしょう。
付き合ってた旦那を連れてったFuji Rock。
旦那が見たい作家メインで3日間過ごしましたが、恋愛と過ごすフェスはメンタリティが手厚くなれました。
そんな旦那とウェディング、今はカップルになりお子さんも両者います。
結婚してからは低いお子さんの受け持ちを考え、夏場フェスに行くのを躊躇っていました。
近年は年々色んな夏場フェスのトップページを指を咥えて見ているばかり。
前日同じようにトップページを眺めていると、こどもが不意に「何これ?行きたい!」と視線を示したフィーリング。
女房もボクも、注釈しながら自然と眼が緩みます。
来季は子連れで夏場フェス潜入しようかなあ。
夏場フェスは、いろんな人に色んな感情を作ってくれる素敵な店です。ミュゼプラチナムに行って説明を受けました

いきなりやってくるアレルギー症状

健康だけが取り柄の私でしたが、大人になってアレルギー症状が突然出てきました。20代前半に始まったのが、紫外線アレルギーです。

普段は平気なのですが、夏日の日差しが強い日に、ノースリーブで出かけると大変なことになります。主な症状は日差しに晒された肌部分にポツポツが現れ、強い痒みが生じます。

自分が紫外線アレルギーになるまで、こんなアレルギーがあることを全く知りませんでした。次に20代後半になって始まったのが、国民病ともいうべき花粉症です。stockfoto_41887293_XS

私の両親がどちらも花粉症なので、いずれ自分もなるのかなと子供心に思っていましたが、私もついになってしまいました。花粉症の時期が始まると鼻水、くしゃみ、目の痒みが辛くて、ひどい時は出かけるのも憂鬱になります。

そう考えると、子供の頃よりなんらかの対策をしていたら防げたものなのかもしれません。